赤外線光学フィルタを利用したセキュリティ機器の信頼性向上

高機能化

中遠赤外線波長を利用して対象物の表面温度が検知できるので、監視カメラ、サーモグラフィー等に利用されています。対象物からの赤外線を画像化するためには、レンズやフィルタの透過率を上げて、外光をカットする必要がありました。

高機能化
 
通常のガラスは中遠赤外線波長領域では不透明です。従って、シリコンやカルコゲナイドガラスといった赤外線を透過する基材の上に、赤外線領域で透明な薄膜を用いてフィルタを形成しました。このようにして、高透過率でノイズカット特性をもった赤外線光学フィルタを実現しました。

防犯対策用の監視カメラ用のレンズや設備保全に使用されるサーモグラフィカメラ用の
レンズには、その用途の重要度から高い透過率やノイズ耐性が必要とされます。赤外線透過材料の多層膜蒸着によって、高精度な赤外線光学フィルタを完成しました。

Copyright(c) 2013 OKAMOTO GLASS Co.,Ltd. All Rights Reserved.