UV-IR(紫外・赤外線)カットフィルタによるノイズ対策

ノイズ対策

赤外線カットフィルタの赤外線カット機能に加え、紫外線の影響を受ける場合には、これもカットしなければなりません。CCD素子の保護や絵画や展示物の照明、着物等の染料劣化には、可視光だけを透過し、紫外線も赤外線もカットする必要があります。

ノイズ対策
 
可視域全体を透過し、赤外線による温度上昇、紫外線による劣化を防ぐ機能を合わせ持つフィルタです。CCDなどの素子保護や絵画などの展示物照明など、幅広い用途で使用されています。

美術館などに展示されている重要文化財を赤外線や紫外線から守る用途でも、UV・IRカットフィルタは使用されています。これは多層膜フィルタが温度調整や劣化防止の機能を付加できるためであり、さらに様々な目的で使用されます。

Copyright(c) 2013 OKAMOTO GLASS Co.,Ltd. All Rights Reserved.