可視光バンドパスフィルタ活用によるノイズ(外光)対策

ノイズ対策

検査分析装置や医療用機器では必要な光以外のノイズ(外光)をカットするため、各種フィルタが利用されていました。しかし、必要な光の透過性を高くして、広域波長帯で外光をカットするには100層近い多層構造からなるフィルタが必要であり、作製は容易ではありませんでした。

ノイズ対策
 
多層膜設計の最適化と高精度成膜技術により、外部からの不要なノイズを広域波長帯で遮断します。これによって分析装置や医療用機器の性能が向上し、鮮明な画像を得ることができます。また赤、緑、青といった任意の波長のみを選択することも可能です。

高精度の薄膜多層化技術により、精密な機器に必要な任意の波長だけを透過させることが可能です。検査分析装置や医療用機器の高性能化を支えており、最先端分野において機能性薄膜が果たす役割の重要性が増しています。

Copyright(c) 2013 OKAMOTO GLASS Co.,Ltd. All Rights Reserved.