技術者のつぶやき

高い耐久性 Hi-Silver®

2018-06-29

ワールドカップの白熱した試合の中、決勝トーナメントへ駒を進めるチームが決まってまいりました。

昨夜、日本代表も決勝トーナメントへの進出決定を嬉しく思っております。

 

さて、海外でも使用されているHi-Silver®ですが、弊社のHi-Silver®は屋外放置で20年分に相当する、過酷な耐久性試験にもクリアしております。

銀ミラーの耐久性にお困りでしたら、ぜひ弊社のHi-Silver®をご評価下さい。

 

部品変更で性能向上

2018-05-21

産業用途で最も多用されているミラーは、アルミミラーでは無いでしょうか。
そのため、最も手に入りやすいのもアルミミラーとなります。
テスト評価であと少し性能が足りず、困っている。
評価したが、従来品または他社と比較すると優位性が乏しい。
そのような場合、ぜひとも弊社「Hi-Silver®」をご検討ください。
可視から近中赤外の広範囲にわたって高い反射率を有しております。

ご検討よろしくお願いします。

 

記念

2018-04-25

今年は岡本硝子創立90周年に加え、岡本光学科技(台湾)事務所移転開所となりました。これもひとえに皆様のおかげです。改めて感謝申し上げます。今後も社会に貢献し続け、Hi-Silverで少しでも世の中を明るくしたいと考えております。

機能性薄膜も調整を行います

2018-03-22

関東では寒かった日々も終わりに近づき、暖かい日と寒い日が繰り返すようになりました。

また、朝晩でも温度差が大きいので体調を崩しやすい気候となっております。

皆様も、衣服調整で体調管理を行っていただければと思います。

 

さて、気候に合わせて衣服を変えるように、機能性薄膜も衣装合わせのような調整を

行っております。

例えば、基板の素材がガラス、金属、樹脂などの素材に合わせて、薄膜の材料や

成膜手法を調整・最適化しております。

薄膜の密着性や耐久性等でお困りでしたら、ぜひご相談頂ければ幸いです。

 

加飾蒸着

2018-02-20

冬季オリンピックも中盤を過ぎ、選手の活躍に心躍っている方も多いのではないでしょうか。
今回は時差も少なく生中継で楽しまれている方も多いと思います。

さて、オリンピックでは様々な国の国旗が振られ、非常にカラフルな印象ですね。
先日弊社ホームページでも発表いたしましたが、ガラス容器への加飾蒸着の生産を開始しました。
真空蒸着という方式で、ナノ単位の膜厚を管理し、様々な色の薄膜を生み出します。
これまでと少し変わった印象をと考えられている方がいらっしゃいましたら、一度真空蒸着での加飾をご検討ください。

 

レーザー

2018-01-26

最近、光源がランプからLEDやレーザーといった固体光源に変わりつつあります。その中でもレーザータイプのプロジェクターも多く見かけるようになりました。レーザーは目に入ると危険と言われるように、パワーの強いものです。それがコーティング表面に当たれば、同じようにダメージを受けます。弊社の機能性薄膜もレーザーに耐えられるよう、様々な工夫を施しております。

年末のご挨拶

2017-12-28

年の瀬となりましたが、皆様
以下がお過ごしでしょうか。
本年は沢山の引き合いを頂き
Hi-Silverをはじめ、薄膜製品も順調に
生産させて頂いております。

来年は更に満足して頂ける様
邁進致しますので、
何卒宜しくお願い致します。
弊社は12/28に仕事収めとなり、
新年は1/4から通常営業を開始いたします。
来年も皆様にとって素晴らしい年で
あります様、心よりお祈り申し上げます。

2018年も何卒宜しくお願い申し上げます。

反射ミラー

2017-12-07

今年も師走になりました。
いろいろあった年ですが、急な冷え込みに注意して年末をお過ごしください。

さて、皆様は「貴金属」と聞くと何を連想されますか。
金銀などの高価な金属を連想されると思われます。
高価な金属だから、宝飾関係での使用が多いと思われがちですが、産業分野での使用が多いこともご承知ください。
身近なところでは、一般の鏡にも銀が用いられています。
銀の反射率は金属中最も高く、反射光も自然光に近いからです。
ただし、銀は酸化など周辺環境の影響を受けやすい材料という特徴もあります。
そんな、銀の耐久性を向上させた光学用途の機能性薄膜ミラーが弊社のHi-Silverです。
表面鏡だけではなく、裏面鏡としての活用も可能ですので、ぜひご検討ください。

 

赤外線と鏡

2017-11-21

赤外線というと、こたつのように赤い光で暖かいというイメージがあるかと思います。実際には赤い色ではなく、人間の目には見えません。赤外線には、近・中・遠赤外線と分類され、波長によって用途が異なります。防犯カメラ、医療、センサー等々さまざまです。身近なテレビのリモコンも赤外線です。リモコンを手元の鏡に反射させてもテレビが反応します。鏡は目に見える光(可視域)だけでなく赤外線も反射しています。当社製のHi-Silver®も赤外線をより強く反射しますので、赤外線の様々な用途にも幅広くお使い頂けます。

機能性薄膜による高級感

2017-11-10

秋も深まり、関東の広い範囲で紅葉が楽しめるようになりました。

紅葉の色の変化のように、色の見え方は物体が有する光の反射・吸収・透過、

そして人の色彩認識によって決まります。

その中でも、商品の印象を決定付ける装飾の多くは、吸収を主に調整をして、

発色させております。

そこで、機能性膜による加飾を施すことで、光の干渉効果を付加することができます。

これは、光の反射と透過を調整することができ、人が見る角度によって、

色が変わるといったような、色の深みを出すことができます。

弊社では、加飾コーティングを板形状の物から、円柱状のような物まで、

幅広く対応致しております。

 

商品の高級感の演出等は、ぜひお気軽にご相談頂ければと思います。

« Older Entries
Copyright(c) 2013 OKAMOTO GLASS Co.,Ltd. All Rights Reserved.